タダシップとシアリスの違いを徹底検証

タダシップは、シアリスのジェネリック品として誕生しました。
同じ成分・同じ効果・飲み方もすべて一緒です。

「一緒ならどっち買ってもいいの?」と思いますよね。
でも、タダシップはシアリスの1/4の価格で購入できるんです!
値段が安いならタダシップ!!とすでに決めてしまいそうですが、ジェネリック品として製造されている理由について学んでいきましょう。

タダシップとシアリスは同じ成分、同じ効果

タダシップとシアリスの比較

シアリスのコピー版とも呼ばれているタダシップ。
後発薬であるタダシップは、先発薬の有効成分であるタダラフィルを元に作られています。

先発薬は、長い月日と多額の費用をかけて製造されているのに比べ、タダシップはすでに実績のある成分を使えるのでコストも期間も大幅にダウン。

比較 開発期間・コスト
シアリス 9~17年 500億~600億円
タダシップ 3~5年 1億円~

と開発費用は、桁違いですよね。
お金をかけていないなら、「効果は期待できないんじゃ…」という心配もいりません。
タダシップは、安全性(品質)・効果はしっかり確認した上で製造されています。

タダシップとシアリスで違う点は?

タダシップとシアリスの違うところ

タダシップは、インドにある「シプラ社」で製造・販売されています。
ジェネリック製造大国でもあり、シプラ社はインドで知らない人がいないくらいの大企業!
ED治療薬の分野でも活躍していますが、他に抗がん剤・抗エイズ剤・心疾患薬・糖尿病薬などの医薬品を1,500種類以上も手がけているのです。

一方、シアリスは「イーライリリー・アンド・カンパニー」で製造・販売されています。
米国インディアナ州インディアナポリスに本社があり、東京にも「日本イーライリリー」を設立。
日本国内のシアリスは、日本イーライリリーから販売しています。
140年もの歴史があるので、信頼と実績のある医薬品カンパニーです。
同じ効果はもっていても、作られている製薬会社が違うので製造方法の違いも見ていきましょう。

製造方法と添加物が違う

タダシップとシアリスは、製造元が違うので作り方も違います。
有効成分のタダラフィルは一緒ですが、錠剤にするために必要な添加物などは別物です。

違う部分があるのも、お薬の形状・色・添加物など、別の製薬会社が特許を持っていて作れなかったり、飲みにくいお薬を飲みやすくしたり、安定性をよくするためにあえて変えることもあります。
作り方が違うからといって、ジェネリック医薬品としてクリアしなければいけない条件は、新薬と同じくらい厳しいので安全性や効果に影響はしません。
ジェネリックは、高品質での製造を求められているから、タダシップが優れた効果を発揮できています。

金額がまったく違う

タダシップを選ぶ決め手ともなる1錠あたりの安さ。

ジェネリック品は、低コストで作られているから販売価格もかなり違います。
・シアリス→1錠:1,800円
・タダシップ→1錠:440円
1,360円もお得に買えるんです。
長く続くED治療だから、タダシップを服用すれば前向きに改善できますよね。

コスパで選ぶタダシップ、安心感で選ぶシアリス

タダシップのコスパとシアリスの安心感

タダシップは、シアリスと同じ効果を発揮できるコスパ最強のED治療薬。
ED治療はお金がかかって大変と思っている方は、格安で費用を抑えられるタダシップがオススメです。
シアリスの場合、高い価格ではあるけど医師からの処方があるから、相談できる安心感があります。

EDになるとセックス自体がストレスに感じてしまう時もありますよね。
自然に勃起して女性とセックスが楽しめるように、ED治療薬での改善はベストです。
シアリスとタダシップは、精神的な安心感かコスパのよさどちらを優先するかによって選べます。
タダシップはお試し感覚でも試せるので、1度トライしてください。


PAGE TOP